MYAXISTYLE

Blog Archive

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

  • Photo by©yasushi kurihara (triplet studio.inc)

MYAXISTYLE Miho Kawahito

  • Instagram

MYAXISTYLE Miho Kawahito

  • Instagram

Beauty

Eye Makeup Tutorial

October 3, 2015

Eye Makeup Tutorialの写真

私のアイメイクは簡単。

こだわりはひとつ、まつげだけ。

真っ黒なラインで目を囲んだり、

シアーな茶色のアイシャドウをまぶたにたっぷり塗っていた時期もあるけど、

今はごくシンプル。

自分の目の形を活かすようにしています。

顔立ちのせいなのか、人よりたっぷり化粧をしているように見えてしまうし、

メイクががちがちだとこなれて見えない。

だけどナチュラルすぎるのも物足りない。

行き着いたアイメイクをご紹介。

 

今のアイテムはこれがすべて。

20150925_184226492_iOS

 

 

右の赤いマスカラから時計回りに

ettusais ラッシュバージョンアップ

ADDICTION アイシャドウ rigolette

SUQQU アイラッシュカーラー

筆や鎌倉 アイメイクブラシ

MAYBELINE アイブロウパウダー

INTEGRATE ラッシュフライングカール

もちろんアイライナーも使っているのですが、今ボロボロなので省略。

特にこだわりはなくアメリカで買ったものを使用しています。

 

上記の中でこれじゃないと!というのは、

ettusaisのマスカラ下地、SUQQUのカーラー、INTEGRATEのマスカラのみ。

まつげはしっかりカールさせたいのですが、

直毛なのでいつのまにか下がってきてしまうのだけど、

このマスカラ下地はきっちりキープしてくれる。たとえ雨の日でも!

そして、きっちり上げてくれるカーラーは、

前まで必須だったホットビューラーなしで、ばっちりです。

マスカラは、カールをキープしたままきれいに長く伸ばしてくれます。

 

そしてアイシャドウ代わりに使っているのはアイブロウパウダー。

世に売っているアイブローパウダーでパールなしのものならば大体なんでもOK。

アイホールに影を入れる程度にしか使いません。

ADDICTIONのアイシャドウは涙袋に。

 

なんとも簡単なので、短い動画ですがささっとご紹介。

スマホからの方はファイルをダウンロード、をクリックしてみてください。

(ほっとくとエンドレスで再生されるのでご注意。笑)

※アイシャドウ(代わりのアイブロウパウダー)は、

アイホール全体ではなくアイホールのトップの骨がでているところのくぼみに入れるのみ。

影が入り奥行きが出て、アイシャドウなしでも彫りが深く見えます。

 

※アイラインは目尻のみ。

ちょうど黒目の頂点から少しずらしたあたりから、まっすぐになるように引いています。

 

※アイラッシュカーラーは、根本・目頭・目尻までしっかりとはさむように、

少しまぶたを引っ張って、くるんしたカールになるように少しずつずらしながらカールさせます。

 

※涙袋のプロセスをすっかり忘れていますが、

マスカラを塗る前に黒目の下あたりにだけ入れるようにしています。

 

※マスカラ下地→マスカラ1~2度塗り。

 

以上で完成!

 

いつかこのばっちりまつげもやめたいな~と思いながら、

まだ卒業できずにいます。笑

 

MIHO. K

 

 

 

Blog Archive

Instagram

おすすめ記事